シェアハウス事業

要配慮者用シェアハウス

2019年度 社会福祉振興助成金事業

空き家を活用した 要配慮者用シェアハウス事業

 

 

 

 

 

 

 

【事業概要】

自立したい気持ちがあっても、住居や支援体制が整わないために地域で暮らすことや就労を断念することが多くあります。

そうした支援の必要な方でも、支援体制が整った住居や地域での集まれる場所があれば地域での生活が可能になると考え、連携団体とともに空き家の福祉活用として「シェアハウス」の運営と「まちカフェ」での居場所づくりを始めました。

  

 

 

【空き家の福祉活用として】

《 改修前 》

 間取り図              ダイニングキッチン

 

 居室                    トイレ

 

 

 

《 改修後 》

 間取り図             ダイニングキッチン

 

 

 

 

 

 

 居室        トイレ

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンカーを利用した まちカフェ事業

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【事業概要】

 

 

 

 

 

【事業報告書】

事業報告書はこちらからダウンロードできます。